用語解説の詳細

避難準備・高齢者等避難開始

[避難準備・高齢者等避難開始]

多数の人的被害が発生する可能性が高まった場合に本市が発令します。
本市では、原則として、小学校区単位で土砂災害警戒区域等の危険な区域内の方に対して発令します。
立ち退き避難が必要な住民等に求める行動は次のとおりです。
・(災害時)要配慮者は、立ち退き避難する。
・立ち退き避難の準備を整えるとともに、以後の防災気象情報、水位情報等に注意を払い、自発的に避難を開始することが望ましい(避難準備・高齢者等避難開始の段階から主要な指定緊急避難場所が開設され始める)。
・特に、他の水災害と比較して突発性が高く予測が困難な土砂災害については、避難準備が整い次第、土砂災害に対応した開設済みの指定緊急避難場所等へ立ち退き避難することが強く望まれる。

避難勧告

[避難勧告]

多数の人的被害が発生する可能性が明らかに高まった場合に本市が発令します。
本市では、原則として、小学校区単位で土砂災害警戒区域等の危険な区域内の方に対して発令します。
立ち退き避難が必要な住民等に求める行動は次のとおりです。
・予想される災害に対応した指定緊急避難場所や各自があらかじめ決めておいた避難場所へ立ち退き避難する。
・指定緊急避難場所への立ち退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、近隣のより安全な場所、より安全な建物等への避難や、少しでも命が助かる可能性の高い避難行動として、屋内でもより安全な場所へ移動する安全確保措置をとる。

避難指示(緊急)

[避難指示(緊急)]

前兆現象が発生するなど状況が切迫し、または、すでに災害が発生しているなど人的被害が発生する可能性が非常に高い場合に、本市が発令します。
立ち退き避難が必要な住民等に求める行動は次のとおりです。
・避難の準備や判断の遅れ等により、立ち退き避難を躊躇していた場合は、直ちに立ち退き避難する。
・指定緊急避難場所等への立ち退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、近隣のより安全な建物等への避難や、少しでも命が助かる可能性の高い避難行動として、屋内でもより安全な場所へ移動する安全確保措置をとる。
-> トップページへ