用語解説の詳細

高齢者等避難

[高齢者等避難]

災害が発生するおそれがある場合に本市が発令します。
本市では、原則として、小学校区単位で土砂災害警戒区域等の危険な区域内の方に対して発令します。
住民に求める行動は次のとおりです。
・要配慮者及び支援者は、避難行動を開始する。
・あらかじめ決めておいた安全な場所にある知人宅や地域が自主的に開錠した避難場所、市が開設した指定緊急避難場所に避難する。
・要配慮者及び支援者以外の人も必要に応じて出勤等の外出を控えるなど普段の行動を見合わせたり、避難の準備をしたり、自主的に避難することが望ましい。

避難指示

[避難指示]

災害のおそれが高まった場合に本市が発令します。
本市では、原則として、小学校区単位で土砂災害警戒区域等の危険な区域内の方に対して発令します。
住民に求める行動は次のとおりです。
・危険な場所から直ちに避難する。
・洪水や高潮に対して、ハザードマップなどにより屋内の上層階などで身の安全を確保できることが確認できる場合には、自らの判断で屋内で安全を確保することも可能です。ただし、土砂災害と津波については、立退き避難が必要です。

緊急安全確保

[緊急安全確保]

災害が発生又は切迫している状況や身の安全を確保するために立退き避難することがかえって危険であると考えられる状況において、本市が発令します。
住民に求める行動は次のとおりです。
・命の危険があることから直ちに安全を確保するための行動をとる。
・指定緊急避難場所等への立ち退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合には、相対的に安全だと判断できる少しでも高い場所や、山や崖から離れた場所へ移動するなど直ちに身の安全を確保する。
-> トップページへ